なぜ俺は文系に~公務員合格に向けて~

公務員を目指している学生の勉強記 マイペースに更新していきます

【#16】お久しぶりです

この記事をシェアする

こんにちは、よーしです。

 

お久しぶりです。

9月は一度も更新をしていませんでした。

そこまで見ている人はいないと思うのであまり心配しなくても良いことかもしれませんが。

→ブログのデザインを少し変更しました。

→これからのブログの文章様式を常体にしたいと思います。

 

 

 

公務員講座が始まってから4カ月ほど経った。

この講座は基本的に平日の夕方から夜にかけて行われるが、辛いったらありゃしない。

講座を受講していない一般的な大学生なら帰ることができる時間になっても大学に残って勉強をするわけですから。

 

5月から受講している公務員講座を、民間企業のインターンシップと重なってしまったため、1度だけ休んだ。

身バレ防止のために詳しいことは書けないが、このインターンシップに参加したことにより、より一層公務員になりたい気持ちが高まった。

 

「弊社では〇〇という事業を行っています。」

「△△の歴史はーー。」

 

一応民間のインターンにも参加しておくか、と軽い気持ちで参加したインターンシップだったが、自分でも驚くほど魅力を感じなかった。

 

公務員のインターンシップにも応募したが、選考落ちをしてしまった。

自分でも落ちた理由はわかっていた。

事前にESの提出期限もわかっていたのにも関わらず、ESの内容を考えることを後回しにしてしまっていたからだ。

もちろん、提出期限ぎりぎりに急いで書いたため、中身のない文章になってしまった。

大学の就職課の職員にも添削をしてもらったが、あまり深く突っ込まれることは無かった。

むしろ褒められた。

字を。

幼いころから書道を習っていたため、字には自信があったが、中身の無い文章であればもちろん庁側も受け入れないだろう。

そこまで甘くはなかったようだ。

 

ここまでが9月ころまでの出来事。

 

 

後期の授業が始まり、それと同時に教養試験対策の講座が追加された。

教養試験の科目を担当する講師に僕は讃嘆したのだ。

そこから僕のやる気が変化する。

 

この話はまた今度。

 

では。